医学的な見地での痩身治療

カレンダーとメジャー

医師のアドバイスのもと健康的に痩せる

病院ダイエットとは自己流ではなく医師の指導の下に行うダイエットのことで、医学的な見地からのアドバイスを受けられるのでより効率的に、健康的に痩せられるのが特徴です。BMIが35以上ある場合は保険を適用した治療を受けられるので、リーズナブルな料金で多角的なダイエットが行えます。しかし、医師のサポートを得ながらの病院ダイエットだからといって、不摂生なライフスタイルを続けていると簡単に痩せられるわけではありません。すぐに抗肥満薬を使った治療をするのではなく、まずは食生活の見直しや運動の習慣をつけることから始めるため、自分の努力もやせるための重要な要素となります。食生活を改善し、運動をしても効果が現れない場合に、抗肥満薬が処方されます。努力しなければ痩せないなら、病院で行う意味がないと考える人もいるかもしれませんが、医師のアドバイスやサポートを受けることで、1人では挫折しがちなダイエットを続けられるというメリットもあります。体重が減ったら褒めてもらえたり、なかなか減らない場合は改善すべきポイントを教えてもらえたりと、常に痩せることへのモチベーションを保ち続けられるのです。健康目的だけでなく、美容目的の痩身治療を行っている病院もあるので、自分に合ったところを選ぶのがよいでしょう。

病院でダイエット外来に通う人は、痩せて健康な体になりたい人と、ダイエットで痩せてきれいになりたいという人の2つのタイプに分かれます。特に、痩せてきれいになりたいという人は、体の特定の部位にコンプレックスを感じていることが多く、部分痩せの施術で解消することができます。太っていることで最も多い悩みの一つにお腹周りのぜい肉があげられますが、一般的な病院ではなく美容整形外科の脂肪吸引で改善することが可能です。皮膚に小さな穴を開けて脂肪を吸引するためのカテーテルを差し込み、余分な脂肪を吸引します。吸引も美しく仕上がるようにデザインをして行うため、デコボコになったり、ボディラインが崩れたりなどのリスクを減らすことができます。施術後はガードルで固定し、3か月ほどで理想のボディラインを手に入れることができるでしょう。また、同じように脂肪を除去できるうえにメスを使わない脂肪溶解注射という施術もあります。脂肪が気になる部分に注射すると、脂肪が溶けて体外に排出されるため、痩身が図れるのです。脂肪吸引よりは効果が薄くなりますが、注射をするだけなのでダウンタイムも必要なく手軽にできる施術として人気です。脂肪吸引は1回で完了しますが、脂肪溶解注射は複数回受ける必要があります。

Copyright© 2019 体に負担をかけずに痩せるために最も効果的なのは医師の指導に従うこと All Rights Reserved.